プロフィール

代表 プロフィール

小林 伸慈(本名:小林 伸二)

国家資格:理学療法士

高校卒業後

電気機器部品会社の経理2年勤務

フリーター1年

スポーツクラブのインストラクター2年

 

・千葉県成田市の3年制理学療法士養成校入学

・1997年、卒業と同時に国家資格である 理学療法士 取得

*埼玉県白岡市の白岡整形外科クリニックにて5年勤務
  整形外科外来一般、学生のスポーツリハ、クリニックシステム改善を行なう。

*長野県佐久市の雨宮病院にて8年勤務
  外来一般、膝や股関節、骨折など手術後のリハビリ、通所リハビリ開設などを行う。

*軽井沢町の團クリニックにて6年弱勤務
  外来一般、スポーツリハ、マシンでの運動指導などを行う。

*佐久市の金澤病院にて7年半勤務
  外来一般、内科系入院をはじめ寝たきり、終末期の方のリハビリを行う。

 ※いずれも次の施設からの依頼を受けての異動となります。



*2023年4月 Physio Flow 身体快復研究所 開設

*金澤病院へは月二回の非常勤を継続中



  より詳しいプロフィール(その1)はこちら
    詳しいプロフィール(その2)はこちら

______________________

その他

・2003年:文光堂:理学療法士プロフェッショナルガイド 【整形外科クリニックでのスポーツ理学療法:共著】

・2007年:第42回 理学療法学術大会ポスター発表 【立位重心と坐位重心の左右差比較と日常生活時の姿勢の関与】

・2005年から2021年まで、千葉県内の作業療法士養成校、茨城県内および群馬県内の理学療法士養成校にて非常勤講師を経験。

・2011年5月~12年1月:宮城県石巻市に被災地支援としてボランティア活動に3回参加。以降翌年にかけて2回独自のコーディネートで支援活動に参加。

・2012年~2期4年:フィジオ運動連鎖アプローチ協会理事

・2012年~2015年:山口、愛媛、茨城、新潟などの知人からオファーを受け施術法についてのセミナーを開催。    

 ・2015年からは施術法のコース制セミナーを依頼され、現在まで茨城、群馬、長野で5回実施。

 ・2018年:オーソモレキュラーニュートリション(栄養)サポーター 受講。

・2018年3月:急性骨髄性白血病と診断され、6か月入院。

・2019年4月:職場復帰

・2019年5月 レイキ ファーストディグリー受講

・2019年から2020年にかけ、長野、東京で施術法のアドバンスセミナー実施。

・2023年:一般社団法人 日本治療協会会員

・2023年:一般社団法人 Open Heart 軽井沢 理事

2024年3月現在





施術場面


病院勤務時代 寝たきり患者さんの移乗練習


地域の療法士を集めての勉強会にて講師


病院勤務時代 お子様への施術


理学療法士養成校での講義風景


退院を期に集まった養成校の同期を対象にした勉強会

25年以上にわたる医療機関での経験と、上記しました
さまざまな経験を生かして、あなたのお悩みに寄り添います!